AI・機械学習

アマゾン「Alexa」向けの開発とは--作業前に知っておくべきこと

CES 2017で見られたように、多くの企業がアマゾンの音声プラットフォーム「Alexa」を自社の製品やサービスに取り入れ始めている。本記事ではAlexaの概要と、開発に取り組む上で考慮すべき点などを解説する。

 「Amazon Echo」とその音声サービス「Alexa」のリリースによって、バーチャルアシスタントは、スマートフォンの中だけでなく、家庭やオフィスにも普及するようになった。Amazon Echoは形ある製品だが、本当に価値があるのは、その音声プラットフォームであるAlexaの方だ。

 当初、Amazon Echoでできることは100種類だったが、現在提供されている「Alexa Skill」は7000種類を超えている。CES 2017では、Amazon EchoもAlexaもブースが設けられていなかったにもかかわらず、 Alexaは至る所で利用されており、テクノロジ企業各社がその音声アシスタントを取り入れようといかに意欲的になっているかがあらわになった。

 このように、同プラットフォーム向けツールの開発に対する関心は急激に高まっており、多くの開発者がそのエコシステムに加わりたいと考えている。Alexaとその関連サービスの開発に取りかかる方法について、開発者や企業が理解を深められるように、本記事では最も重要な詳細とリソースについてまとめた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約6381文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  4. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか
  5. 【成功事例】保存データ最大99%削の快挙、バックアップ5分!大量のPCを運用自動化、負担大幅減

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]