プロジェクト管理

TIMESLIST:メンバー全員が会話形式で参加できるプロジェクト管理サービス

プロジェクト管理サービスの「TIMESLIST」は、複数のプロジェクトや組織の管理業務を集約し、リスクや課題、ToDoなどをタイムライン形式で一括表示する。メンバー全員が会話形式で解決に取り組める。

TIMESLISTのポイント

  • メンバー全員が会話形式で参加、タイムラインで表示
  • リスクはリストへ自動で整理され、課題はガントチャートに反映
  • プロジェクトごとにファイルを共有でき、情報共有を簡略化

TIMESLISTの製品解説

 マネジメントの「TIMESLIST」は、全員参加型のプロジェクト管理サービスだ。複数のプロジェクトや組織の管理業務を集約し、リスクや課題、ToDoなどをタイムライン形式で一括表示する。

編集部おすすめの関連記事

 リスクや課題、ToDoを投稿していくだけで、プロジェクトマネージャーだけでなくメンバー全員が会話形式で解決に取り組める仕組みとなっている。タイムラインへ投稿されたリスクはリストへ自動で整理され、課題はガントチャートに反映される。担当者や期限などの詳細条件を指定した検索機能や、Excelで課題を一覧表示する出力機能も備えている。

 チャット会議のコメントから、タイムラインに課題やToDoを投稿したり、チームメンバーをチャット会議に自動招待したりできる。チャット会議に時間制限を掛けることも可能だ。プロジェクトごとにファイルを共有でき、成果物の一元管理や情報共有の簡略化が可能。

 タイムラインから課題やToDoを自動で関連付けしたり、プロジェクト間で課題を受け渡したりすることもできる。プロジェクト参加メンバーは、他組織のメンバーでもワンクリックでプロジェクトに招待できる。

 料金プランは、登録できるプロジェクト数が1つのフリープラン、複数プロジェクトを管理できるベーシックプラン、全機能を利用できるプレミアムプランを提供する。

TIMESLISTのまとめ
用途と機能全員参加型のプロジェクト管理サービス
特徴複数のプロジェクトや組織の管理業務を集約し、リスクや課題、ToDoなどをタイムライン形式で一括表示する
税別価格フリープラン:無料
ベーシックプラン:1人あたり月額600円
プレミアムプラン:1人あたり月額1200円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan