電子署名 アドビ システムズ(disital experience) セコムトラストシステムズ ハイパーギア セイコーソリューションズ GMOグローバルサイン

取引コストも削減--なりすましと改ざんの防止で法的有効性を保持する電子契約6選

電子署名は、電子文書の「作成者」と「非改ざん」を保証するための仕組み。紙文書の押印や署名に相当する役割を果たすものだ。電子署名の機能を備えた、電子契約に関連する主な製品とサービスを紹介する。

 電子署名とは、電子文書において「文書の作成者」と「文書の非改ざん」を保証するための仕組みだ。紙文書の押印や署名に相当する役割を果たすものであり、電子署名を実現する技術として、公開鍵暗号方式に基づくデジタル署名が使われている。

 電子署名は、電子政府における電子申請などのほか、企業間の取引における電子契約でも利用されている。電子契約については、2015年の電子帳簿保存法の改正で、3万円以上の取引に伴う契約書と領収書の電子保存が可能になったことから、印紙税が不要で物理的な書類のやり取りが発生しないとして、導入を検討する企業が増えつつある。

 電子契約で作成する電子文書に電子署名を付加しておくことで、後日、訴訟などの問題が発生した場合の証拠として利用できる。また、コンプライアンス文書の電子保存も可能になる。ここでは、電子署名の機能を備えた、電子契約に関連する主な製品とサービスを紹介する。

1.かんたん電子契約:契約書の原本性を証明

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1830文字 ログインして続きを読んでください。

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]