ロードバランサ

セキュリティに必要--アプリケーションレイヤの可視化を阻むもの

アプリケーションレイヤを可視化することでセキュリティを高める――。重要と理解されているが、実際のところは進んでいない。どんなことが阻んでいるのかを考察する。

 百聞は一見に如かず――。確かにそうかもしれません。しかし、状況を完全に把握したとしても、攻撃を止められるわけではではありません。

 ソーシャルメディアやニュースサイトなどで発生するさまざまな犯罪は、ネットワーク上の“セキュリティカメラ”で記録されており、私たちはそれを後で確認することが可能です。このような「可視化」は、司法システムにとって極めて重要な要素だと言えます。可視化によって誰が何を行ったのかを特定することが容易になり、実際に何が起きたのかに関する重要かつ客観的な証拠が得られるからです。

 ここで注意していただきたいのは、全て過去形だということです。つまりすでに起こったことであり、犯罪被害はすでに発生しています。可視化は「何が起きたのか」を理解する上で役立つだけなのです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4726文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  3. 調査結果--働き方改革:「お隣の企業」はどこまで進めている?着手の度合い、課題をレポート
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan