モバイル

世界タブレット市場、第4四半期は6350万台で9%減--上位のアップル、サムスンが2桁減

Strategy Analyticsは、世界タブレット市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年第4四半期の出荷台数は6350万台で、前年同期の6960万台に比べ9%減だった。

 Strategy Analyticsは、世界タブレット市場に関する調査結果を発表した。それによると、2016年第4四半期の出荷台数は6350万台で、前年同期の6960万台に比べ9%減。出荷台数1位のApple、2位サムスン電子がいずれも前年同期から2桁減と大きく台数を減らしていた。

 Strategy Analyticsタブレット&タッチスクリーン戦略サービス上級アナリストのEric Smith氏は、「タブレット市場で注目度の高い2in1タブレットだが、PCとタブレットを置き換えるデバイスとして考える場合、消費者は現在も価格を重要視している。このことは、第4四半期に『iPad Pro』および『Surface Pro 4』の出荷が低調だったことから明らかだ」と指摘した。そのため、上位2社に比べ小さなメーカーから提供されている、より安価なデバイスにチャンスがあるという。

 そうした状況の影響か、上位2社と対照的に、Huawei Technologies(ファーウェイ)は前年同期比49%増、Amazon.comは同21%増、Lenovoは同16%増と好調だった。

 2016年第4四半期における出荷台数の上位5ベンダーなどは以下のとおり。括弧内は、いずれも前年同期の数値と前年同期比。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約765文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan