勤怠管理・労務管理

CREW CHECKER:企業ポリシーや打刻方法で手段が選べる勤怠管理システム

勤怠管理システムの「CREW CHECKER」は、ICカードや静脈認証など、企業のポリシーや打刻手段にあわせてさまざまな方法を選択できる。タイムライン形式でシフトの状況を確認でき、社内外でもシフトの確認や打刻ができる。

CREW CHECKERのポイント

  • スマートフォンをはじめ、さまざまな打刻方法を選択できる
  • シフト管理や給与計算の自動算出、社内外からのアクセス制限にも対応する
  • API連携のほか、CSV経由で勤怠管理ソフトと連携可能

CREW CHECKERの製品解説

 イデア・レコードの「CREW CHECKER」は、PCやスマートフォン、ICカード、静脈認証など、企業ポリシーや従業員の打刻手段にあわせてさまざまな方法を選択できる勤怠管理システムだ。スタッフの動きを見える化し、煩雑な管理業務を効率化する。

編集部おすすめの関連記事

 タイムライン形式でシフトの状況を確認可能。社内外でもシフトの確認や打刻ができる。飲食店などでは、スタッフが足りない際の姉妹店へのヘルプもシフトやタイムカードに記録される仕組みとなっている。打刻機能からスタッフの時給に合わせた給与計算の自動算出も可能だ。

 利用者ごとの閲覧権限、アクセス権限の設定や各種申請の電子化など、業務を効率化する管理機能を搭載。社内外からのアクセス制限にも柔軟に対応し、社外の場合はGPS情報も登録されるため不正打刻を防止する。専用打刻フォームからボタンクリックするだけでGPS情報、時間を記録する従業員の安否確認機能も利用できる。

 「MFクラウド給与」とAPI連携できるほか、CSV経由で他の勤怠管理ソフトとも連携可能である。

CREW CHECKERのまとめ
用途と機能企業のポリシーや従業員の手段にあわせて打刻方法を選択できる勤怠管理システム
特徴シフト管理や給与計算の自動算出などの管理機能を搭載。閲覧権限や社内外からのアクセス制限にも柔軟に対応する
税別価格1人あたり月額250円から

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]