パブリッククラウド グーグル 日本アイ・ビー・エム 日本マイクロソフト Amazon Web Services

利用部門の“野良クラウド”を飼いならす--パブリッククラウド利用で気を付けたいポイント

パブリッククラウドの企業利用が増加している。導入を進めるにあたってどのような注意が必要になるだろうか。気を付けたいポイントと活用のヒントを紹介する。

 パブリッククラウドの企業利用が進んでおり社内のサーバルームやデータセンターからの移行が始まっている。パブリッククラウドの利用に際して、どのような注意が必要になるだろうか。

 まず情報システム部門が導入や運用を把握していない、いわゆる“野良クラウド”の状態は絶対に避けなければならない。

 利用部門が独自に導入するシステムは、コーポレートガバナンスやセキュリティポリシーを満たしているかどうか判断が付かない。社内管理している基幹システムのデータを複製して、パブリッククラウドで利用している場合もあるだろう。これはデータ流出という大きな問題に発展する可能性がある。

 利用部門は必要な機能が使えれば、どのような環境だろうが関係ないだろう。パブリッククラウドを利用しているという意識すらないかもしれない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2741文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan