トランスコスモス

オープンハウス、「LINE WORKS」を導入--営業と顧客のコミュニケーションを支援

不動産会社のオープンハウス(東京都千代田区)は、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入した。物件の問い合わせや購入、購入後のサポートなど、営業担当者と顧客とのコミュニケーションを支援する。トランスコスモスが2月2日に発表した。

 不動産会社のオープンハウス(東京都千代田区)は、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入した。物件の問い合わせや購入、購入後のサポートなど、営業担当者と顧客とのコミュニケーションを支援する。トランスコスモスが2月2日に発表した。

 LINE WORKSは、LINEと同様の使い勝手でビジネス向け機能を強化したチャットツール。ワークスモバイルジャパンがビジネス版LINEとして提供していた「Works Mobile」をベースとしている。

 LINEとトーク連携できる機能が新たに実装されたことが導入の決め手となった。また、管理画面で応対履歴を管理、確認できることも、課題抽出やコンプライアンス対策などに役立つと評価している。

トーク画面イメージ(左)と管理画面イメージ(トランスコスモス提供)
トーク画面イメージ(左)と管理画面イメージ(トランスコスモス提供)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan