AI・機械学習

AIによる業務自動化とおびえるビッグデータ専門家--その不安を和らげる方法

組織への先進的エキスパートシステム導入を試みると、文化的な変化に直面するだろう。ここでは、データサイエンティストが自動化に対して抱く不安をいかに和らげるかを考える。

 機械たちの反乱だ。

 汎用人工知能(Artificial General Intelligence:AGI)を授けられたロボットに世界が支配されるという筋書きの物語は、何十年も前から存在している。このテーマをじっくり考えることは楽しいし、理論上そうした状況になる可能性はあるものの、我々が生きているあいだに現実にはならないだろう。と言うものの、人工知能(AI)技術が急速にAGI実現やAI完全へと近づいている現状は、否定できない。

 システムと機械が人間の知能とまったく同じものになることはあり得ないが、我々の生活はAI技術が高度化するにつれて楽になる一方だ。そのため、AIが職場の専門家を補助したり、場合によっては専門家の代わりになったりしても、不思議でない。それとも、そうならない理由はあるだろうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2552文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan