モバイル Android

「Chromebook」に「Android」アプリをインストールする方法

「Chrome OS」での「Android」アプリ実行については、皆さんもいろいろな話を聞いたことがあるはずだ。ここでは、Androidアプリを「Chromebook」にインストールする方法を紹介する。

 「Chrome OS」での「Android」アプリ実行については、皆さんもいろいろな話を聞いたことがあるはずだ。「Chromebook」で動作するさまざまなAndroidアプリの画像を見たことのある人もいるかもしれない。だが、実際にAndroidアプリを動作させる方法についての記事を読んだことがない人もいるかもしれない。幸い、筆者はAndroidアプリのインストールをサポートするChromebook端末の1つ(「Pixel 2」)を所有している。確実に言えるのは、この新機能は新たな次元の生産性をChromebookにもたらす、ということだ。ユーザーは端末の機能セットを簡単に拡大できるだけでなく、この新機能がなければ不可能かもしれない方法で生産作業を処理することもできる。

 唯一の注意事項(数少ないサポート対象端末の1つを所有している必要があることを除けば)は、単純に「Google Play Store」にアクセスして自分の求めるアプリのページで「Install」(インストール)をクリックするだけで、Androidアプリをインストールできるわけではない、ということだ。まず、「Chrome OS」の最新ビルド(ビルド53以降。Devチャンネルへの変更は要件ではなくなった)をインストールしている必要がある。次に、Androidアプリのインストールを有効化すると、Chrome OS版Play Storeを利用できるようになる。

 それでは、必要な手順を詳しく見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1696文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]