プロジェクト管理

マンモスプロジェクト:タスクの把握や優先順位の判断を支援するプロジェクト管理サービス

プロジェクト管理サービスの「マンモスプロジェクト」は、タスクやプロジェクト全体の俯瞰、情報やファイルの共有を一元管理できるサービス。プロジェクトを多角的に確認し、タスクの把握や優先順位の判断、トラブルに対応できる。

マンモスプロジェクトのポイント

  • タスクの前後関係を把握して優先順位の判断やトラブル対応を管理
  • 「誰が何をやっているのか」を把握
  • 重要な決定事項の失念や勘違いを防げる

マンモスプロジェクトの製品解説

 パラダイスウェアの「マンモスプロジェクト」は、タスクやプロジェクトを俯瞰で捉えたり、情報やファイルを共有したりできるサービスだ。煩雑になりがちなプロジェクトの管理業務を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 「プロジェクトマップ」は、タスクの前後関係を把握して優先順位の判断やトラブル対応といったクリティカルパスをドラッグ&ドロップで管理できる。また、プロジェクトやチームで「誰が何をやっているのか」を把握する「カンバン」、一覧でタスクを見る「リスト」、カレンダーで締め切りをチェックする「スケジュール」といったさまざまな角度からプロジェクトを確認できる。

 誰が何を言ったのか、何が決まったのか、誰がどのファイルをいつ共有したのか、といった重要な決定事項の失念や勘違いを防ぐ「ディスカッション」機能も用意。チャットでは流れてしまうような情報を表示し、検索にも対応する。

マンモスプロジェクトのまとめ
用途と機能タスクやプロジェクトを俯瞰で捉えたり、情報やファイルを共有したりできるサービス
特徴カンバン、リスト、スケジュール、ディスカッションなどプロジェクトを多角的に確認できる機能を搭載し、タスクの把握や優先順位の判断、トラブルに対応できる
税別価格1ユーザーあたり月額500円(1人の場合は無料)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan