SDN/ネットワーク仮想化 NEC SCSK

新病院にSDN、どこからでもVLANに自動的にマッピング--WANにも拡大を予定

京都岡本記念病院は新病院の建設に伴い、院内にSDNを導入。今後、来院患者向けの無線LANサービスを予定。SDNをWANの領域にまで拡大し、近隣の診療所クリニックとの安全な情報共有も進めていくとしている。

 京都岡本記念病院(京都府久世郡)は新病院の建設に伴い、院内ネットワークにSDNを導入した。NECとSCSKが2月2日に発表した。

 放射線治療センターや屋上ヘリポートなどを備えた、病床数419床の新設病院へはすでに移転が完了しており、SDNコントローラから一括してネットワークを追加、設定を変更できるようになっている。NECのSDN対応コントローラスイッチ「UNIVERGE PF」シリーズとSCSKの認証アプライアンスサーバ「RADIUS GUARD」が活用された。

残り本文:約816文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan