開発ツール クラスメソッド

カスタマーストーリーモバイル:テンプレートを組み合わせてアプリを自動生成

「カスタマーストーリーモバイル」は、デザインテンプレートから任意の画面を組み合わせて顧客向けのモバイルアプリを自動生成する。既存システムとの連携やデータの収集、オンライン決済サービスとの連携も可能する。

カスタマーストーリーモバイルのポイント

  • デザインテンプレートから画面を組み合わせてモバイルアプリを自動生成
  • 企業のデジタルマーケティングに必要なモバイル機能をまとめて提供
  • 既存システムとの連携やデータの収集、オンライン決済サービスとの連携も可能

カスタマーストーリーモバイルの製品解説

 クラスメソッドの「カスタマーストーリーモバイル(CSモバイル)」は、デザインテンプレートから任意の画面を組み合わせてモバイルアプリを自動生成するサービス。企業のデジタルマーケティングに必要なモバイル機能をまとめて提供する。

編集部おすすめの関連記事

 CSモバイルは、モバイルアプリのAPIプラットフォーム。オムニチャネルを前提としたマーケティングシステムを構築するためのサービス「カスタマーストーリー」シリーズに含まれるものであり、顧客一人ひとりとのつながりを支援するのが目的。

 APIサービスやデータベースも同時に生成する。商品データベースやニュース配信など基幹システム側の最新データと同期を取ることが可能だ。アプリには分析用タグをあらかじめ組み込んでいるため、運用開始の直後から必要なデータを収集して行動分析やアクセス解析などに役立てられる。

 生成されるモバイルアプリは、多くの種類の端末動作テストをパスしたものを提供。利用者数に応じて柔軟にシステム規模を拡大できる。

 オンライン決済サービス「Stripe」とも連携し、主要なクレジットカードやデビットカード、130カ国以上の通貨をサポートする。電子決済サービス「Apple Pay」にも対応する。不正課金から保護し、不審なトランザクションを監視する不正使用対策ツールも組み込んでいる。

カスタマーストーリーモバイルのまとめ
用途と機能デザインテンプレートから任意の画面を組み合わせてモバイルアプリを自動生成するサービス
特徴企業のデジタルマーケティングに必要なモバイル機能をまとめて提供。既存システムとの連携やデータの収集、オンライン決済サービスとの連携も可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan