AI・機械学習 コールセンター・コンタクトセンター トランスコスモス

顧客応対の一部を置き換え--チャットボットの導入メリットと運用ポイント

「LINE」をはじめとするチャットツールの普及に伴い、「チャットボット」のビジネス活用が注目を集めている。特に、コールセンターやコンタクトセンターでの活用に期待が高まっている。導入のメリットや運用のポイントについて解説する。

 2016年に大きな話題を集めた技術の1つに、人に代わって自動で対話する「チャットボット」がある。「LINE」をはじめとするチャットツールの爆発的な普及に伴い、チャットのビジネス活用に乗り出す企業が一気に増えてきた。ツール側もこうしたニーズに応えるため、外部システムと連携できるAPIサービスの拡充を進めている。

 国内で最も人気の高いチャットツールであるLINEと、Facebookのチャットサービスである「Facebookメッセンジャー」がボット開発用のAPIを相次いで公開したことから、一気にチャットボットが脚光を浴びることになった。また、優れたボット開発用APIを備えており、開発者の間で人気の高いチャットツール「Slack」を使ったチャットボット開発がブームになったことも注目を集めるきっかけの1つとなった。

 チャットボットのビジネス活用の形態はさまざまだが、主な用途としては、企業の公式アカウントを通じて自社の製品やサービスに関する情報を発信するものが多い。しかし、ボットサービスの高度化が進み、単に一方的に情報を発信するだけでなく、送られてきたメッセージに対して返答したり、簡単な問い合わせに自動で応対したりするチャットボットも増えてきた。

コンタクトセンターでのチャットボット活用のメリット

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1936文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  4. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  5. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]