文書管理

ファイルをライフサイクルで管理--法改正で使いやすくなった文書管理システム5選

文書管理システムは、作成から廃棄までのライフサイクル全般の作業を一元管理し、情報を共有する。「改正電子帳簿保存法」で従来の「e文書法」に適用するための環境整備のハードルが下がったことも導入を後押ししている。

 企業のさまざまな情報が電子化された現在、そうしたデータを格納した膨大な数のファイルをいかに効率よく、かつ安全に扱えるようにするかが大きな課題となっている。そこで関心を集めているのが、電子文書をライフサイクルで一元管理する「文書管理システム」である。

 文書管理システムは、文書の作成から更新、閲覧、検索、保管、廃棄までのライフサイクル全般の作業を一元管理し、情報を共有する。エンドユーザーのアクセス権限を制御したり、文書のバージョンや履歴を管理したりすることで、業務効率が向上するほか、情報漏えい事故の防止などにも有効とされている。

 政府は、2015年末に改正した「改正電子帳簿保存法」で、証憑電子化に伴うスキャナ保存の要件を緩和した。この改正で従来の「e文書法」に適用するための環境整備のハードルが下がったことも文書管理システムの導入を後押ししている。

 ここでは主な製品を紹介する。下に挙げた以外にも、日立ソリューションズの「活文Contents Lifecycle Manager」、日立製作所の「uCosminexus DocumentBroker」などがある。

1.DocuWorks:PC上の“机”で紙と同じように表示、編集

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2618文字 ログインして続きを読んでください。

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]