文書管理

ファイルをライフサイクルで管理--法改正で使いやすくなった文書管理システム5選

文書管理システムは、作成から廃棄までのライフサイクル全般の作業を一元管理し、情報を共有する。「改正電子帳簿保存法」で従来の「e文書法」に適用するための環境整備のハードルが下がったことも導入を後押ししている。

 企業のさまざまな情報が電子化された現在、そうしたデータを格納した膨大な数のファイルをいかに効率よく、かつ安全に扱えるようにするかが大きな課題となっている。そこで関心を集めているのが、電子文書をライフサイクルで一元管理する「文書管理システム」である。

 文書管理システムは、文書の作成から更新、閲覧、検索、保管、廃棄までのライフサイクル全般の作業を一元管理し、情報を共有する。エンドユーザーのアクセス権限を制御したり、文書のバージョンや履歴を管理したりすることで、業務効率が向上するほか、情報漏えい事故の防止などにも有効とされている。

 政府は、2015年末に改正した「改正電子帳簿保存法」で、証憑電子化に伴うスキャナ保存の要件を緩和した。この改正で従来の「e文書法」に適用するための環境整備のハードルが下がったことも文書管理システムの導入を後押ししている。

 ここでは主な製品を紹介する。下に挙げた以外にも、日立ソリューションズの「活文Contents Lifecycle Manager」、日立製作所の「uCosminexus DocumentBroker」などがある。

1.DocuWorks:PC上の“机”で紙と同じように表示、編集

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2618文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  3. 調査結果--働き方改革:「お隣の企業」はどこまで進めている?着手の度合い、課題をレポート
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan