CMS ユニインターネットラボ

uniCMS:ブラウザから操作できるウェブCMS--SEOやレスポンシブに対応

ウェブ用コンテンツ管理システムの「uniCMS」は、ブラウザから操作でき、編集エディタでテキストや画像、リンクを簡単に配置できる。SEOやレスポンシブデザイン、複数人での編集にも対応している。

uniCMSのポイント

  • ブラウザから操作可能、簡単にデザインできる編集エディタを用意
  • 記事ごとに異なるデザイン、複数人での編集にも対応
  • SEOやレスポンシブウェブデザインに対応

uniCMSの製品解説

 ユニインターネットラボの「uniCMS」は、ブラウザから操作できるウェブ制作用のコンテンツ管理システムだ。FTPソフトからインストールするだけで、その後はすべてブラウザで編集できる。簡単にインストールできるようになっており、レンタルサーバを選ばず導入することが可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 uniCMSには編集エディタが用意されていて、テキストや画像、リンクを簡単に配置できる。HTMLやCSSの知識がなくても扱えるので、誰でも簡単にウェブサイトをデザインできる。HTMLを直接編集することも可能だ。

 サイト全体や各メニューごとにデザインのテンプレートを編集できるため、記事ごとに異なるデザインも採用できる。また、記事のコピーや並べ替えといった編集もできるため、複数のページを同じレイアウトに保ったまま各ページの内容を編集したり、目立たせたいページを先頭に配置したりといった操作が可能だ。

 検索エンジン最適化(SEO)対策にも対応しており、SEOに必須な要素は、全体から1ページまで自由に設定可能だ。レスポンシブウェブデザインに対応しており、編集内容はPCやスマートフォン、携帯電話などさまざまなデバイス用のサイト画面に反映される。

 複数人での編集に便利な機能も備える。管理者ごとに権限を設定でき、修正ミスのリスクを軽減できるほか、記事投稿後に全体管理者に登録完了の通知メールを送信できる。記事を非表示のまま作成し、管理者が承認後に表示させることも可能だ。

 このほか、フォームページやコメント投稿欄の作成管理機能、メニューごとにバックアップと復元が可能なバックアップ機能も備えており、コンテンツ管理に必要な機能を一通り網羅している。

uniCMSのまとめ
用途と機能ブラウザから操作可能なウェブ制作用コンテンツ管理システム
特徴専門的知識が不要で編集できるエディタからデザイン。SEO対策やレスポンシブウェブに対応し、PCやスマートフォンなどに対応可能
価格5万4000円
導入企業ファイブ・ディグリーズ、東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻藤田研究室、人事労務マネジメントオフィスなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]