OS OS・ミドルウェア

「Windows 10」の復元ポイントを1クリックで作成--ショートカットでカンタン実行

「System Restore」(システムの復元)は、OSに大きな変更を施す何らかの操作の実行前にシステムのスナップショット「復元ポイント」を自動作成することで機能する。ここでは、復元ポイントを簡単に作成するための方法を紹介する。

 「System Restore」(システムの復元)は、OSに大きな変更を施す何らかの操作の実行前にシステムのスナップショットを自動作成することで機能する。これらのスナップショットは復元ポイントと呼ばれ、これから行われる変更の影響を受けるかもしれない重要なOSファイルやレジストリの一部が含まれる。

 「System Restore」(システムの復元)は効果的に復元ポイントを自動作成してくれるが、レジストリの編集など、特定の操作を実行する前に手動で復元ポイントを作成することも可能だ。残念なことに、その作成プロセスを開始するには、複数の手順を踏む必要がある。これらの手順は複雑なものではないが、クリックするだけで復元ポイントを作成できるアイコンがあれば手順を覚えなくて済むのに、という不満の声をよく耳にする。

 幸い、筆者は復元ポイントの作成作業を自動化できる2つの方法を発見した。1つの方法は「Windows Management Instrumentation Command-line」(WMIC)、もう1つは「PowerShell」を使用する。いずれの場合も自動化プロセスをショートカットに割り当てて、デスクトップや「Start」(スタート)メニューに配置し、ワンクリックで簡単に実行できるようにすることが可能だ。それでは、詳しく見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3531文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. EDR導入を絶対に失敗したくない人に贈る、セキュリティ対応の5つ課題とEDR選定の11のポイント
  3. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  4. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは
  5. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]