メールセキュリティ NEC

Mission Critical Mail:無害化、誤送信対策、ZIP暗号化を搭載するメールセキュリティ

メールセキュリティソフトの「Mission Critical Mail」は、メール無害化、誤送信対策、ZIP暗号化などの機能を搭載する。パスワードリスト攻撃を自動で検知、防御できる。稼働中の設定変更やパッチ適用が可能。

Mission Critical Mailのポイント

  • メール無害化、誤送信対策、ZIP暗号化などの機能を搭載
  • 動的流量制限でパスワードリスト攻撃を自動検知、自動防御する
  • 冗長構成を組まなくても稼働中の設定変更やパッチ適用が可能

Mission Critical Mailの製品解説

 NECの「Mission Critical Mail」は、メール無害化、誤送信対策、ZIP暗号化などの機能を備えたメールセキュリティ対策ソフトだ。パスワードリスト攻撃を自動検知、自動防御する動的流量制限機能を搭載し、管理者に負荷を与えずに安定したメール環境の維持を可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 外部攻撃に対する入口対策には、ウイルス対策、スパム対策に加えて、流量制御や拡張子によるメールブロックなどの機能を提供するほか、メールに添付されたWordやExcel、PowerPointなどのファイルを自動でPDFファイルに変換し、マクロのスクリプトなどを削除してからメール受信者に配送するメール無害化機能などをオプションで追加可能。

 出口対策には、添付ファイルのZIP暗号化、自己承認、BCC強制変換などの基本機能のほか、個人がローカルPCでZIP暗号化したファイルの添付は、悪意による機密情報の外部送信と考え、送信を防止するといった制御も可能だ。

 メールシステムには、利用規則に応じた任意の配送ルールを適用し、その中の任意のタイミングでサンドボックスやメールアーカイブなどの外部機能を組み込むことも可能だ。ポート番号ごとに独立した配送ルールやフィルタリングを設定できる。

 クラスタ構成などの冗長構成を組まない環境でも、メールシステム稼働中の設定変更やパッチ適用が可能。プロセスの死活監視も提供しており、障害時には自動復旧できる仕組みとなっている。

Mission Critical Mailのまとめ
用途と機能メール無害化、誤送信対策、ZIP暗号化などの機能を備えたメールセキュリティ対策ソフト
特徴パスワードリスト攻撃を自動検知、自動防御する動的流量制限機能を搭載し、管理者に負荷を与えずに安定したメール環境の維持を可能にする
税別価格Mission Critical Mail Filter:500 IDあたり130万円、標準サポート料金:月額1万6300円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan