ERP

GRANDIT:EDIやECも標準搭載するERPパッケージ--日本企業のノウハウ集約

ウェブベースERPパッケージの「GRANDIT」は、コンソーシアム方式でユーザー系システム会社のノウハウを集約。販売や債権債務、在庫などのERPで必要な機能で構成。EDIや企業間EC、BIも標準で用意されている。

GRANDITのポイント

  • 人事や商品、顧客に関する情報など業務全体を幅広く管理
  • ワークフロー、EDI、EC、BIなどを標準搭載
  • 業種や業態、目的に応じた機能はテンプレートやアドオンで提供される

GRANDITの製品解説

 「GRANDIT」は、コンソーシアム方式でユーザー系システム会社のノウハウを集約したウェブ型統合基幹業務システム(ERP)だ。経理、債権、債務、販売、調達在庫、人事、給与、資産管理、経費で構成される。.NET Frameworkで構築される。

編集部おすすめの関連記事

 ワークフロー、電子データ交換(EDI)、企業間電子商取引(EC)、ビジネスインテリジェンス(BI)などを標準搭載。定期的かつ反復的に実行するバッチ処理はスケジューラで自動化し、組織変更によるデータ移行にも対応する。

 取引先とのシームレスなビジネス連携を可能にする。顧客、見積もり、受注、入出荷、在庫を統合管理し、需要予測に基づく製造計画、所要量計算(MRP)、購買までを支援する。業種や業態、目的に応じた機能はテンプレートやアドオンで提供される。

 予実管理、指標計算による経営分析、配賦計算、キャッシュフロー計算にも対応。伝票の現場入力と承認管理のほか、固定資産やリース資産などの会計処理では使用部門、設置場所、コストに関する物件管理も可能だ。税や会計基準などの法改正にも迅速に対応する。

 銀行振込、手形、電子記録債権、期日決済などの決済方法に対応。売り上げ、仕入れ、請求、回収、支払いまで管理し、外貨建取引にも対応する。自動の回収消込やスケジューラによる支払処理で決済業務を効率化し、予定期日管理や残高管理の機能を備えている。

 人事情報は全て履歴管理し、目的にあわせた情報を抽出できる。給与体系ごとにパラメータ形式の給与計算式、支給控除テーブルの設定も可能で、社会保険や所得税の改正にも対応する。

 iOSとAndroidに対応するほか、Microsoft Azureでの稼働をサポートする。多言語、多通貨にも対応する。

GRANDITのまとめ
用途と機能ERPで必要とされる機能を選択できるウェブベースのERPパッケージ
特徴ワークフロー、EDI、EC、BIなどを標準搭載。.NET Frameworkで構築。業種や業態、目的に応じた機能はテンプレートやアドオンで提供される
導入企業川崎重工、ANAシステムズ、JTB情報システム、ティーメディクスなど

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan