セキュリティ

「おとり」データでハッカーをおびき寄せる--ネットワークを守るデセプション技術の特徴

軍や情報機関で生み出されたデセプション(「だまし」の)技術は、攻撃者を混乱させ、その動きを鈍らせるために、「おとり」となるエンドポイントを仕掛けておくテクニックだ。これを使うと、状況を一変させて有利にできる。

 ハッカーを偽エンドポイントにはまり込ませるソフトウェアは、ネットワーク防御法の最新トレンドだ。古典的なハニーポットの新たな発展形とみなせるこの技術は、デセプション技術と呼ばれ、すでにスタートアップ数社が参入している。

 ただし、ハニーポットはハッカーをおびき寄せる目的で設けるのに対し、デセプションソフトウェアはネットワークのエンドポイントに広く「おとり」データを仕掛けるため、はまり込んだハッカーは本物と偽物を区別できない。ハッカーのアクセスでおとりが起動し、IT担当者に通報してくれるので、反撃することが可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1920文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. マイクロサービスという新標準が導く世界

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan