セキュリティ

「おとり」データでハッカーをおびき寄せる--ネットワークを守るデセプション技術の特徴

軍や情報機関で生み出されたデセプション(「だまし」の)技術は、攻撃者を混乱させ、その動きを鈍らせるために、「おとり」となるエンドポイントを仕掛けておくテクニックだ。これを使うと、状況を一変させて有利にできる。

 ハッカーを偽エンドポイントにはまり込ませるソフトウェアは、ネットワーク防御法の最新トレンドだ。古典的なハニーポットの新たな発展形とみなせるこの技術は、デセプション技術と呼ばれ、すでにスタートアップ数社が参入している。

 ただし、ハニーポットはハッカーをおびき寄せる目的で設けるのに対し、デセプションソフトウェアはネットワークのエンドポイントに広く「おとり」データを仕掛けるため、はまり込んだハッカーは本物と偽物を区別できない。ハッカーのアクセスでおとりが起動し、IT担当者に通報してくれるので、反撃することが可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1920文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]