見積管理

営業の効率化を図る--作成から共有、分析まで支援する見積管理システム5選

見積管理システムは、見積書の作成を支援したり、作成した見積書を全社で共有管理したりできる。見積もりの根拠となった原価情報を管理する機能、案件ごとに勝敗の理由を分析する機能などを備えるものもある。

 見積管理システムは、見積書の作成を支援したり、作成した見積書を全社で共有管理したりするための業務用システムだ。見積書を担当者が個人管理しており一元化されていない、担当者が各自で見積書を作成しているため統一されていないといった課題を解決する。

 特化型と汎用型の2種類に大きく分けられる。単機能ツールか統合スイートの一部かによって提供形態が違いがあり、対応する企業規模も製品によって異なる。

 「シンプルさ」と「多機能性」を売りにする製品では機能に大きく違いがあるので、製品を選ぶときには注意が必要だ。見積もりの根拠となった原価情報を管理する機能、案件ごとに勝敗の理由を分析する機能なども用途によっては大事なポイントになるだろう。

1.N-town

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1610文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan