日本オラクル

松屋フーズ、予算管理SaaSで経営分析を多角的に--店舗ごとの採算を把握

松屋フーズが予算管理SaaS「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。一元化されたリアルタイムなデータに基づき、経営判断に必要な多軸で分析できるようになったという。

 松屋フーズが予算管理SaaS「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。経営情報の多角的分析やシステム運用の負荷軽減が目的。日本オラクルが1月26日に発表した。

 牛めしやカレー、定食の「松屋」のほか、とんかつの「松のや」やラーメンの「セロリの花」、すしの「すし松」などの業態を展開する松屋フーズは全国に1067の店舗(2016年12月末時点)を稼働させている。同社の経営企画部門は、これまで大量の表計算ソフトのデータを手作業で集計することで予実を管理してきた。しかし、予算管理用のシステムが老朽化し、サーバの管理やバージョンアップなどIT部門の業務負荷も増大してきたことから新しい仕組みを検討していた。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan