POS

MAIDO POS:席の合流や飲み放題など飲食店向け機能が充実したPOSレジ

POSレジの「MAIDO POS」は、会計や注文から日報などの管理業務までを一元化する。席の合流や移動、個別会計、値引き処理、セット商品や飲み放題、時間チャージといった飲食店向け機能が充実している。

MAIDO POSのポイント

  • 飲食店向けに設計され、会計や注文から日報などの管理業務までを一元化
  • 席の合流や移動、個別会計、値引き処理、セット商品や飲み放題、時間チャージといった飲食店向け機能が充実
  • キャッシュドロアやサブディスプレイ、自動釣り銭機などの周辺機器とも組み合わせられる

MAIDO POSの製品解説

 まいどソリューションズの「MAIDO POS」は、飲食店向けに設計された販売時点情報管理(POS)レジ。会計や注文から日報などの管理業務までを一元化する。Windows、Android、iOSのタブレットで使える。

編集部おすすめの関連記事

 注文機能のみの「HANDY」モードと、注文と決済の機能を有した「REGI」モードを用意。複数のハンディ端末をREGIモードで運用すれば、店舗内の各所に配置してテーブル会計を容易に導入できる。

 クレジットカード決済や軽減税率にも対応。レシートやキッチン伝票、テーブル用の会計伝票を印刷できるほか、未会計を含んだ注文ベースの売り上げをリアルタイムで確認できる。集計分析機能では、商品別やスタッフ別、席別、媒体別などの条件で容易に集計できる。

 席の合流や移動、個別会計、値引き処理、セット商品や飲み放題、時間チャージといった飲食店向けの機能も充実している。預かり物管理機能やお通しの自動計算機能も搭載。タブレットを利用してルーレットゲームをさせるなどテーブルイベントや再来店対策への活用もサポートする。

 キャッシュドロアやサブディスプレイ、自動釣り銭機などの周辺機器とも組み合わせられる。推奨ハードセットや周辺機器、消耗品も販売している。

 無料のFREE版と有料のPRO版がある。FREE版は、接続可能な周辺機器が限定されており、レシートプリンタとキャッシュドロアが各1台、ハンディ端末は無制限。PRO版は、レシートプリンタ、キャッシュドロア、自動釣り銭機、サブディスプレイ、伝票プリンタ、キッチンプリンタが各5台、ハンディ端末は無制限となっている。

MAIDO POSのまとめ
用途と機能飲食店向けに設計されたPOSレジ
特徴Windows、Android、iOSのタブレットで使える。席の合流や移動、個別会計、値引き処理、セット商品や飲み放題、時間チャージなど飲食店向け機能を搭載
税別価格PRO版の利用料金は月額2980円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan