経費精算・旅費精算

eKeihi:申請から支払いまでを一元管理する経費精算システム--仕訳データを自動作成

経費精算システムの「eKeihi」は、社内で発生するさまざまな経費の申請、承認、支払処理を一元管理する。入力支援や電子承認、自動仕訳、振り込みデータの自動作成などの機能によって精算業務を効率化する。

eKeihiのポイント

  • 社内で発生するさまざまな経費処理を電子化、一元管理する
  • 交通系ICカードからデータを読み取って交通費、出張費の精算が可能
  • 不正チェックや仕訳データの自動生成などで経理担当者の負荷を軽減

eKeihiの製品解説

 イージーソフトの「eKeihi」は、交通費、出張費、会議費、交際費といった社内で発生するさまざまな経費の申請、承認、支払処理を電子化し、一元管理する経費精算システムだ。入力支援や電子承認、自動仕訳、振り込みデータの自動作成などの機能によって精算業務を効率化する。

編集部おすすめの関連記事

 SuicaやPASMOなどの交通系ICカードからデータを読み取って交通費と出張費を精算できる。全国の駅名、運賃の自動表示、二重取込防止などの機能を持つ独自開発インターフェースにより、精算書作成の手間や管理者のチェック作業を大きく削減できる。

 遠方出張時の事前申請、事後精算にも対応する。通信費、会議費、交際費など旅費以外の経費も一緒に精算できるほか、出張者の役職や移動距離、時間などを考慮した日当や宿泊費の自動計算も可能だ。

 物品の立替購入、会議費や交際費などの事前申請、事後精算にも対応。入力された人数、勘定科目や金額によって交際費の定額控除を確認できるほか、勘定科目や金額だけでのチェックも可能だ。経費の入力時には不正な入力を防ぐチェック機能が働くため、承認者は用途や相手先などの情報のみをチェックすればよい。

 仕訳データを自動作成する機能も持つ。拠点別の現金科目の自動割り当てや費用科目ごとの相手科目の自動セット、部門設定や本支店仕訳などの複雑な仕訳などにも対応。会計ソフト側での自動取り込み機能とあわせれば経理担当者の負荷を削減できる。

 オンプレミス型とクラウド型の2タイプを用意する。どちらの場合も有償でカスタマイズが可能だ。

eKeihiのまとめ
用途と機能社内で発生するさまざまな経費処理を電子化、一元管理する経費精算システム
特徴入力支援や電子承認、自動仕訳、振込データの自動作成などの機能によって精算業務を効率化する。交通系ICカードの読み込みによる精算に対応、不正チェックや仕訳データの自動生成などで担当者の負荷を軽減する
税別価格オンプレミス型:初期費用が65万円、保守費用が年額7万2000円
クラウド型:初期費用が10万円、月額費用が2万円
導入企業沢井製薬、ジュピターショップチャンネル、三井住友トラスト不動産、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan