コールセンター・コンタクトセンター アドバンスト・メディア

AmiVoice Communication Suite2:通話をリアルタイムにテキスト化する音声認識

コールセンター向けの「AmiVoice Communication Suite2」は、通話内容をリアルタイムにテキスト化する。IP-PBXから音声をキャプチャし、サーバ側でリアルタイムに音声認識処理を実行する。

AmiVoice Communication Suite2のポイント

  • 通話内容をリアルタイムにテキスト化、サーバ側で音声認識を処理
  • 端末性能が低いシンクライアント環境でも導入可能
  • 保留や転送時にも通話のひも付けが可能

AmiVoice Communication Suite2の製品解説

 アドバンスト・メディアの「AmiVoice Communication Suite2」は、通話内容をリアルタイムにテキスト化するコールセンター向けのシステム。IP-PBXから音声をキャプチャし、サーバ側でリアルタイムに音声認識処理を実行する。

編集部おすすめの関連記事

 クライアント端末で音声認識を処理する方式では、端末性能が低い環境では導入が困難だった。これをサーバ側で処理することによって、処理結果を閲覧するだけのクライアント端末には負荷が掛からない。

 シンクライアント環境でも通話のリアルタイムテキスト化が可能だ。また、電話機で生じるエコーの影響を受けないため、録音の音声品質が良くなり、音声認識の精度が高められるとしている。

 また、保留や転送があっても通話のひも付けが可能である。保留があっても1件の通話につき1件の録音でファイルが保存される。また、転送があった場合も関連通話としてひも付けされ、画面で関連通話として表示されるため通話を容易に探し出せる。

AmiVoice Communication Suiteのまとめ
用途と機能通話内容をリアルタイムにテキスト化するコールセンター向けシステム
特徴サーバ側でリアルタイムに音声認識処理を実行する。クライアント端末の負荷を軽減してシンクライアントにも対応。保留や転送時にも通話のひも付けが可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  3. 最新の次世代エンドポイントセキュリティ、3つのアプローチとは?
  4. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  5. 災害対策を急ぐよう命じられ ……急ぎ過ぎた導入が「残念な結果」を招く

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan