AI・機械学習

MSナデラCEO:AIは職を奪わず、人間の能力を強化すべき

マイクロソフトCEOのS・ナデラ氏は、先ごろ開催された世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」の場で、同社のAIに対する取り組みと、AIが将来の働き方におよぼす影響について語った。

 スイスのダボスおよびクロスタースで開催された世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」で、Microsoft最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は現地時間1月17日、同社の人工知能(AI)ソリューションは人間の労働者を置き換えるためでなく、人間の能力強化を主眼に設計された、と語った。

 技術リーダーたちとのパネルディスカッションに参加したNadella氏は、AI設計がユーザーエクスペリエンスの設計にとてもよく似ていて、何らかの完成形をイメージして設計できるとした。同氏によると、人間を置き換える目的で人間と同じように思考するAIシステムを設計している人もいるが、Microsoftは人間を手助けするシステムの設計を進めているそうだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約929文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan