プライベートクラウド

両方をいいとこ取りする“コロクラウド”という現実解

「ハイブリッド型ソリューションを必要とされているのは、クラウド化できないサーバなどが存在するから」――。こうした状況を踏まえて現実的な選択肢として考えたいのが“コロクラウド”だ。

 「コロクラウド」というコンセプトをご存知でしょうか。

 これは「コロケーション」と「クラウド」を組み合わせた造語であり、ユーザーとなる企業や組織が機器を保有して運用する従来型のシステム形態(コロケーション)と、サービスとして提供されるクラウド型のシステム形態を融合しようという考え方です。

 その重要性は、すでにGartnerのバイスプレジデントでディスティングイッシュドアナリストであるLydia Leong氏によって指摘されています。Leong氏は2013年の「Top 10 Women in Cloud」の1人でもあり、企業におけるクラウド活用に関して、理路整然とした所見を数多く表明していますが、2011年には次のように述べています。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3017文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan