プライベートクラウド

両方をいいとこ取りする“コロクラウド”という現実解

「ハイブリッド型ソリューションを必要とされているのは、クラウド化できないサーバなどが存在するから」――。こうした状況を踏まえて現実的な選択肢として考えたいのが“コロクラウド”だ。

 「コロクラウド」というコンセプトをご存知でしょうか。

 これは「コロケーション」と「クラウド」を組み合わせた造語であり、ユーザーとなる企業や組織が機器を保有して運用する従来型のシステム形態(コロケーション)と、サービスとして提供されるクラウド型のシステム形態を融合しようという考え方です。

 その重要性は、すでにGartnerのバイスプレジデントでディスティングイッシュドアナリストであるLydia Leong氏によって指摘されています。Leong氏は2013年の「Top 10 Women in Cloud」の1人でもあり、企業におけるクラウド活用に関して、理路整然とした所見を数多く表明していますが、2011年には次のように述べています。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3017文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  2. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  3. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  4. 【事例】紙ベースの諸申請業務に悩んでいた立命館大学があのWebデータベースを選んだ理由
  5. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]