PaaS SaaS ノークリサーチ

二者択一から脱却--これからのクラウド活用は“ちょい足し”が賢い選択

企業がクラウドに対して抱く印象はこの数年で大きく変わってきた。しかし、既存の業務システムをクラウドへ移行することは容易ではない。そこで注目すべきなのが“ちょい足し”というクラウド活用の形態だ。

 企業がクラウドに対して抱く印象はこの数年で大きく変わってきた。クラウドが登場した当初は、「とにかく安くなる」という誤解も少なくなかったが、昨今は「ビジネス環境の変化に素早く対応するための有効な手段の1つ」という認識が広まりつつある。

 とはいえ、既存の業務システムをクラウドへ移行することは容易ではない。そこで注目すべきなのが、“ちょい足し”というクラウド活用の形態だ。本稿では、この“ちょい足し”とは何なのかについて、ノークリサーチの調査データを交えながら解説していく。

二者択一のクラウド活用からの脱却

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3055文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%を越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]