POS

ポス・キューブ:注文管理と一体化の飲食店向けPOS--異なる店舗形態に対応

飲食店向けに設計されたPOSシステム「ポス・キューブ」は、オーダーエントリーシステムと一体化。多店舗展開や大型レストラン、カフェなどなどの異なる店舗形態にあわせて機能や機器を選択できる。

ポス・キューブのポイント

  • オーダーエントリーと一体化した飲食店向けPOS、タブレットを活用
  • 多店舗展開や大型レストラン、カフェなどなどの異なる店舗形態に対応
  • プリンタは運用にあわせて増設でき、10台以上を制御可能

ポス・キューブの製品解説

 フォウカスの「ポス・キューブ」は、オーダーエントリーシステム(OES)と一体化したオールインワンの販売時点情報管理(POS)システムだ。タブレットで活用する。飲食店向けに設計されており、数多くのサービス連携や幅広い業種での利用が可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 注文関連では、オーダーエントリー機能や顧客属性の付与、注文からの経過時間表示のほか、料理を出すタイミングの指示や一言メモをキッチンに送信できる。ハンディ端末での注文に加え、手書きでオーダーを取り、その後端末からキッチンへ送信するオーダーステーション運用にも対応する。

 プリンタは運用にあわせて増設でき、10台以上を制御可能だ。フロア別、カテゴリ別で調理伝票の印刷先を振り分けられるほか、商品ごとのチケット伝票、オーダーごとのまとめ伝票などキッチン伝票スタイルを細かく設定することも可能となっている。

 さまざまなサービス連携も可能だ。ホテル向けPOSシステムや顧客管理システム、予約管理システムのほか、売上日報、売上詳細をクラウドで確認できる「KALEIDO SR」や、各店舗のマスターデータを同期、管理する本部マスター管理の「MDS」といった複数店舗向けのサービスも用意されている。プロスの「Fooding Journal」やアスピットの「ASPIT」といった販売管理、原価管理、勤怠管理の機能を持つ本部システムとの連携も可能だ。

 業種や店舗のタイプに応じてカスタマイズが可能。多店舗展開、大型レストラン、カフェなど、スタッフ人数やレジ台数といった店舗形態にあわせて機能や機器構成を選択できる。

ポス・キューブのまとめ
用途と機能OESと一体化したオールインワンのPOS、タブレットで活用する
特徴飲食店向けの機能を多数搭載、他サービスとの連携で本部機能を利用できるなど、多彩な店舗形態にあわせてシステムを構築可能
導入企業Organic Crew、EVER BREW、恵比寿楽園テーブル、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan