購買管理 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ

Infor EAM Cloud:業界ごとに特化した設備資産管理SaaS--KPIで状況を把握

設備資産管理SaaS「Infor EAM Cloud」は設備資産マスター管理や検知、購買、予防保全などの機能はすぐに利用できるよう設計。製造やヘルスケア、ホテル、油田/天然ガスなどの業界ごとに特化した機能も備える。

Infor EAM Cloudのポイント

  • 製造やヘルスケア、ホテル、油田/天然ガスなどの業界ごとに特化
  • 設備資産マスター管理や検知、購買、予防保全などはすぐに利用できるよう設計
  • レポート作成が容易であり、KPIモニタリングで状況を把握

Infor EAM Cloudの製品解説

 インフォアジャパンの「Infor EAM Cloud」は、設備資産管理(Enterprise Asset Management:EAM)に必要な各種機能をSaaSで提供する。企業が保有する設備資産の管理に関わる機能をすぐに利用できるよう設計。製造やヘルスケア、ホテル、公共、油田/天然ガスなどの業界ごとに特化した機能も備える。

編集部おすすめの関連記事

 特徴のひとつが、導入のしやすさだ。柔軟な設備資産マスター管理や予算、検知、購買、作業オーダー、予防保全といった設備資産の管理に関する必要な機能はすぐに利用できるよう設計されている。ビジネスフローもすでに定義済みとなっているため、短期間で導入できるようになっている。

 レポート作成も容易にできるよう設計されており、資産、資材、購買、スケジューリング、ワークフォース管理といった項目を選択するだけで、重要なデータを簡単に見つけることができる。また、固有の業務ニーズにあわせてカスタムレポートを作成できるクエリスタジオ機能を搭載しており、評価指標(KPI)をトップページでモニタリングすることが可能になっている。

 アクセシビリティにも配慮されている。経営層から設備管理マネージャー、フィールド技師やテナントに至るまで、設備資産管理に関わるあらゆる担当者が、さまざまなデバイスで最新の情報へアクセスできる。

 一般的な設備資産管理ソリューションは、通常は大規模な多国籍企業で利用されることが多いが、EAM Cloudは他のエンタープライズアプリケーションとの統合が容易であるため、あらゆる規模の企業で活用が可能だ。

Infor EAM Cloudのまとめ
用途と機能設備資産管理に必要な各種機能をSaaSで提供
特徴製造やヘルスケア、ホテル、公共、油田/天然ガスなどの業界ごとに設定。短期間で導入可能、KPI、レポート作成も容易
税別価格1ユーザーあたり月額約1万4000円(提供は5ユーザー以上)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan