AI・機械学習

アマゾンのAIアシスタント「Alexa」入門--他社製品との連携でライバル圧倒

「Amazon Alexa」は、現在入手可能なデジタルアシスタントのなかでトップの製品だ。このガイドでは、機械学習で革新をもたらしているAlexaについて解説する。

 最初にコンピュータが現れ、続いてネットワークが登場したことで、同じ場所にある複数のデバイスで情報共有が可能になった。そこからインターネットが進化し、ただタイプするだけで情報を保存、整理、発見できる能力が人間に授けられた。

 業界のあらゆる動きから判断して、コンピューティングにおける次の革命はデジタルアシスタントだろう。「iPhone」には「Siri」、Googleには「Assistant」、Microsoftには「Cortana」、そしてAmazonには「Alexa」があり、いずれも音声で命令すれば結果を返してくれる。

 2017年のConsumer Electronics Show(CES)において、デジタルアシスタント覇権争いの勝者は、間違いなくAlexaだった。CESの会場には、Amazon製品との連携や同社との提携に関する事例があふれていた。ただし、一体Alexaとは何なのか把握できない人が多い。

 このガイドでは、デジタルアシスタントのAmazon Alexaを簡単に紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2990文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan