AI・機械学習

IBMが提起する倫理的なAIのすすめ--ロメッティCEOが語った3原則

人工知能(AI)がビジネスに浸透し続ける中、IBMの最高経営責任者(CEO)G・ロメッティ氏が世界経済フォーラム年次総会のパネルディスカッションで、責任あるAI開発のための3つの倫理原則を打ち出した。

 人工知能(AI)がビジネスに浸透し続ける中、IBMの最高経営責任者(CEO)であるGinni Rometty氏は、スイスのダボス-クロスタースで現地時間1月17日、世界経済フォーラム年次総会のパネルディスカッションで、責任あるAI開発のための3つの倫理原則を打ち出した。

 Rometty氏は、「私たちはそれをAIの原則と呼び、コグニティブ(認知)時代に向けた行動の指針としたい」と述べた。「率直に言って、こうしたテクノロジを安全な方法で世の中に送り出すのは、これらの技術を実際に生み出している、いわゆるリーダーである私たちの責任だ」(Rometty氏)

 IBMが大きく賭けたのは、世界中の企業にとって、これからはデータが競争優位性の基盤になり、それらを解釈して洞察を得るために論理的に考え、学ぶAIツールが必要になるという考え方だと、Rometty氏は明かした。

 AIの登場とともに「基本的に人は、情報に圧倒されるあまり、それらを吸収し、本来の価値を十分に生かすことが不可能な状態になっている」とRometty氏は指摘した。「ただし、仮にそうすることが可能なら、今はまだ解決できない問題も解決できるようになるだろう」(Rometty氏)

 IBMの「Watson」は今や、自動車「iPhone」に組み込まれ医療機関にも導入されている。2017年は、約10億人もの人々がさまざまな業界のビジネスソリューションを通じて、同コグニティブコンピューティングシステムに触れることになるだろうと、Rometty氏は付け加えた。以下に、IBMが自社の取り組みから得た倫理的な洞察を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1750文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan