人材管理

Performance Cloud:適材適所を目指せる人材分析育成サービス

人材分析育成サービス「Performance Cloud」は、人材のパフォーマンスを最大限に引き出す最適な配置や能力開発、戦略的な組織づくりに役立てられる。適材適所を実現するための機能「HR ポートフォリオ」も搭載する。

Performance Cloudのポイント

  • 人材に関する情報を比較、分析して最適配置や能力開発に活用
  • 9つのグループに分けてマトリクス化する「9 Box」も利用可能
  • 最適な人材配置と育成を支える機能で“ダイヤモンド人材”を有効活用

Performance Cloudの製品解説

 サイダスの「Performance Cloud」は、さまざまな人材情報を分析する人材分析育成サービスだ。人材に関する情報を比較、分析し、人材のパフォーマンスを最大限に引き出す最適な配置や能力開発、戦略的な組織づくりに役立てられる。採用や優秀な人材の定着、リーダー育成、メンタルヘルスケアにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 データのビジュアル化で多角的に分析できることが特徴だ。人材に関する情報をグラフやリスト化し、組織分析も可能。直感的な操作で情報を選択でき、多角的に分析する。

 9つのグループに分けてマトリクス化する「9 Box」機能も利用可能だ。人材を多様な視点から把握して分析し、その分析結果を実際に活用できる。たとえば、業績が高いのに適切な評価を受けていない人材を発見するだけでなく、その問題の解決にも対応している。

 適材適所の人材配置や最適な育成方法を実現するために、国内で最も利用されている機能である「HR ポートフォリオ」機能も搭載する。それぞれの人材にあった配属先を見つけることをはじめ、今後活躍が期待される“ダイヤモンド人材”を発見、育成でき、研修では一人ひとりに最適なカリキュラムを組むことが可能になる。

 Performance Cloudはクラウドベースであるため、営業やサポートといった部門ごとに導入でき、使用中でも要望にあわせてバージョンアップが可能。利用するユーザー数に応じた従量課金制であるなど、導入のしやすさも特徴だ。

人材情報をビジュアル化して分析するPerformance Cloud(サイダス提供)
人材情報をビジュアル化して分析するPerformance Cloud(サイダス提供)
Performance Cloudのまとめ
用途と機能人材の最適な配置や能力開発、戦略的な組織づくりに活用できる人材分析育成サービス
特徴情報をビジュアル化して多角的に分析。9 BoxやHR ポートフォリオなどの機能も利用可能
税別価格月額4万円(従業員50人まで、管理者2人)、月額6万円(従業員51~100人、管理者3人)、ほか。別途初期費用が必要

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan