IoT セキュリティ

IoTをめぐる世界的トレンド--専門家に聞く2017年予測

モノのインターネット(Internet of Things:IoT)は世界中のあらゆる技術部門に関係していて、企業や消費者が機械やデバイスとやり取りする方法に多大な影響を及ぼし始めている。ここでは、IoTをめぐる2017年の世界的トレンドを専門家に聞いた。

 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)は世界中のあらゆる技術部門に関係していて、企業や消費者が機械やデバイスとやり取りする方法に多大な影響を及ぼし始めている。

 米TechRepublicでは、2017年最大のトレンドになりそうだと思われるものについて、さまざまな分野のIoT専門家の考えを聞いてみた。答えてくれたのは、IEEEシニアメンバーで英アルスター大学上級講師(コンピュータ科学)を務めるKevin Curran氏、レジストラ「.cloud」代表のFrancesco Cetraro氏、IEEEフェローのWilliam Webb氏、Verifoneのエグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるGlen Robson氏、ARMのマーケティングと戦略提携担当バイスプレジデントであるIan Ferguson氏、Valencellの共同創設者でプレジデントのSteven LeBoeuf氏、HCL Technologiesのエグゼクティブ・バイスプレジデントでIoTビジネス担当部署を率いるSukamal Banerjee氏、Zebra Technologiesのマーケティング担当ディレクターAdebayo Onigbanjo氏、Code42で最高セキュリティ責任者兼最高プライバシー責任者を務めるRick Orloff氏、Cisco Jasperの戦略担当責任者Macario Namie氏、NokiaのIoTマーケティング担当バイスプレジデントであるJason Collins氏、SAPのマーケティング戦略担当バイスプレジデントのJeff Woods氏、ForgeRockの製品担当シニアマネージャーであるSimon Moffatt氏、Flybits創設者で最高経営責任者(CEO)のHossein Rahnama氏だ。

 2017年のIoTが向かう先をテーマにしたこの対話では、人工知能(AI)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、ヘルスケアIoT、インダストリアルIoT、さらにウェアラブルも取り上げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約9153文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  4. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]