SFA リクルートライフスタイル

Airウェイト:iPadで対応する受付管理システム--QRコードで待ち時間を確認

受付管理システム「Airウェイト」はiPadにアプリをインストールし、プリンタと接続するだけで利用できる。発券された番号券のQRコードを読み込むことで、現在の待ち時間や順番を確認できる。

Airウェイトのポイント

  • iPadとプリンタだけで利用可能
  • 発券された番号券のQRコードで現在の待ち時間や順番を確認
  • 窓口を指定した呼び出しも可能

Airウェイトの製品解説

 リクルートライフスタイルの「Airウェイト」は、来店客の受け付けから入店までの案内を担う受付管理システムだ。iPadにアプリをインストールし、プリンタと接続するだけで利用できる。アプリそのものは無料で使用でき、有償の契約で機能を追加できる。

編集部おすすめの関連記事

 Airウェイトは、紙台帳での受け付けと同様にシンプルな操作で、店員1人でも来店受け付けから案内までを担える。発券された番号券のQRコードを読み込むことで、現在の待ち時間や順番を確認できる。

 受付時に電話番号を設定した来店客には、電話(自動音声)で呼び出しできる。顧客は、番号券のQRコードをスマートフォンなどで読み取ると、呼び出し状況をリアルタイムに画面で確認できる。

 待ち中や呼び出し中の受付番号と保留の番号は大型モニタに表示でき、スピーカーと接続すれば音声でも呼び出せる。窓口を指定した呼び出しも可能だ。これらにより、混雑する窓口でもスムーズに案内できる。受付用のiPadが1台あれば、呼び出しや案内、対応完了などはPCからも操作できるため、低コストで運用できる。

 受け付けデータを集計し、分析する機能も備えている。発券番号に対応者を紐付け、対応にかかった時間を記録できるので、人員計画や人事評価に活用できる。集計されたデータは分析レポートでの閲覧やCSV形式でのダウンロードに対応しており、サービスを改善できる。

iPadで受け付けに対応するAirウェイト(リクルートライフスタイル提供)
iPadで受け付けに対応するAirウェイト(リクルートライフスタイル提供)
Airウェイトのまとめ
用途と機能iPadで対応する受付管理システム
特徴iPadとプリンタだけで利用でき、来店客の受け付けから入店までの案内を管理。発券された番号券のQRコードを読み込むことで、現在の待ち時間や順番を確認できる
導入企業BIC 修理サービス渋谷店、ららぽーとTOKYO-BAYカードデスク、ステーキガスト多摩境店など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]