開発ツール 開発

「Raspberry Pi」の新ボード「Compute Module 3」--主な性能と特徴

新たな「Raspberry Pi」ボードが英国時間1月16日にリリースされた。企業が製品に組み込める低価格のコンピュータハードウェアを提供することを目的としている。

 新たな「Raspberry Pi」ボードが英国時間1月16日にリリースされた。企業が製品に組み込める低価格のコンピュータハードウェアを提供することを目的としている。

 この「Raspberry Pi Compute Module 3(CM3)」は、「Pi 3」モデルに採用されたのと同じ1.2GHzのBroadcom製「BCM2837」クアッドコアプロセッサと1Gバイトのメモリを、小型薄型化されたボードに搭載している。

 CM3は、DDR2 SO-DIMM(Small outline dual in-line memory module)と同じサイズのコンパクト設計で、電子機器への組み込みに適している。初代の「Raspberry Pi Compute Module(CM)」は、各種のIoT(モノのインターネット)製品、ホームおよびファクトリーオートメーション製品に加え、メディアプレーヤーの内部で使用された。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1816文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan