開発ツール 開発

「Raspberry Pi」の新ボード「Compute Module 3」--主な性能と特徴

新たな「Raspberry Pi」ボードが英国時間1月16日にリリースされた。企業が製品に組み込める低価格のコンピュータハードウェアを提供することを目的としている。

 新たな「Raspberry Pi」ボードが英国時間1月16日にリリースされた。企業が製品に組み込める低価格のコンピュータハードウェアを提供することを目的としている。

 この「Raspberry Pi Compute Module 3(CM3)」は、「Pi 3」モデルに採用されたのと同じ1.2GHzのBroadcom製「BCM2837」クアッドコアプロセッサと1Gバイトのメモリを、小型薄型化されたボードに搭載している。

 CM3は、DDR2 SO-DIMM(Small outline dual in-line memory module)と同じサイズのコンパクト設計で、電子機器への組み込みに適している。初代の「Raspberry Pi Compute Module(CM)」は、各種のIoT(モノのインターネット)製品、ホームおよびファクトリーオートメーション製品に加え、メディアプレーヤーの内部で使用された。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1816文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan