コールセンター・コンタクトセンター アルファコム

Smart M Talk:「LINE」経由の顧客対応も可能なチャットツール

チャットツールの「Smart M Talk」は、コールセンターやカスタマーセンターでの顧客対応業務を支援する。顧客は「LINE」経由で企業に問い合わせできる。画像やURL、スタンプも送信できる。

Smart M Talkのポイント

  • コールセンターでの顧客対応業務をサポートするチャットツール
  • 画像、ドキュメント、URL、スタンプの送信も可能。マルチデバイスに対応
  • 顧客データベースやCRMなどの既存システムと連携可能。「LINE」とも連携する

Smart M Talkの製品解説

 アルファコムの「Smart M Talk」は、コールセンターやカスタマーセンターでの顧客対応業務をサポートするチャットツールだ。クラウドサ-ビスやオンプレミスなど、利用企業の環境にあわせたカスタマイズや連携機能を備えている。

編集部おすすめの関連記事

 画像、ドキュメント、URL、スタンプの送信も可能。PC、スマートフォン、タブレットでの問い合わせに対応し、わずかな時間でも顧客がコンタクトを取りやすい環境を構築できる。窓口の対応状況はポップアップで表示される。

 顧客データベースや顧客関係管理(CRM)などの既存システムとの連携も可能。「LINE」や「LINE@」とも連携し、顧客がLINE経由で企業に問い合わせできる。

 複数の顧客対応を切り替えられるタブ機能、ナレッジ検索、ホップアップ表示の切り替えといった機能を搭載。管理者は、問い合わせや応対状況、目標達成などのモニタリングや属性を指定した統計レポートを確認できる。

Smart M Talkのまとめ
用途と機能コールセンターやカスタマーセンターでの顧客対応業務をサポートするチャットツール
特徴画像、ドキュメント、URL、スタンプの送信も可能。マルチデバイスに対応し、わずかな時間でも顧客がコンタクトを取りやすい環境を構築できる。顧客データベースや顧客関係管理(CRM)などの既存システムとの連携も可能。「LINE」や「LINE@」とも連携し、顧客がLINE経由で企業に問い合わせできる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan