アクセス管理 NTTテクノクロス CA Technologies エンカレッジ・テクノロジ

システム最大の弱点を守って情報漏えいを防ぐ--「特権ID」管理ツール5選

「特権ID」はシステムの開発や運用になくてはならない。しかし、セキュリティの観点から見ると最大の弱点とも言える特権IDの適切に管理するためのツールを紹介する。

 システムのさまざまなリソースに高い権限を持ってアクセスできる「特権ID」は、システムの開発や運用になくてはならないものである。しかし、セキュリティの観点から見ると最大の弱点になる。万が一、悪意のある者の手に渡ってしまうと、やりたい放題にされてしまうおそれがあり、その被害は計り知れない。

 最近では、内部関係者のミスや犯罪による情報漏えい事件も相次いでおり、IT統制において、特権IDの管理に対する監査が年々厳しさを増している。加えて、企業が収集保管するマイナンバーについては、特権IDを持つ管理者に対してもアクセス制限が必要になる場合があり、特権IDをより厳密に管理する必要性が高まっている。

 しかし、企業内に多数のサーバやデータベース、アプリケーションが散在する昨今の複雑なシステム環境では、特権IDの厳密な管理を実現するのは容易なことではない。運用負荷が増大してコストが掛かるだけでなく、業務に支障が出る可能性もある。

 そこで注目されているのが、特権ID管理(Privileged Identity Management:PIM)の運用プロセスを厳密化するとともに、特権IDの管理や監査対応の効率を向上させる「特権ID管理ツール」である。ここでは主な特権ID管理ツール5製品を紹介する。

1.SecureCube/Access Check:エージェントソフトのインストール不要で導入リスクやテスト工数を抑える

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2562文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan