EAI/ESB ETL

4つの効能から見えてくるマスターデータ管理の本質

マスターデータ管理(MDM)がもたらすメリットはさまざまあるが、その効能は4つ。そこから見えてくるMDMの本質を考えてみる。

 ここ数年、マスターデータ管理(MDM)に関する検討、導入の数が飛躍的に増えています。業界も製造や流通/サービス、金融など幅広く、対象マスターも商品(製品)、顧客、仕入先、組織、従業員など複数ドメインにわたります。

 では、各社はどのような効果を期待してMDMを導入しているのでしょうか。その具体的な効能を見ていきましょう。

効能1:方言の翻訳
異なるコード体系(方言)をもつアプリケーション間のデータ連携でのコード変換(翻訳や標準語化)を自動化。P2P連携で個別のコード変換機能を開発するのではなく、MDMハブ上の相互変換表(クロスリファレンス)に集約、一元管理することで開発と運用のコストを削減

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1225文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan