販売管理 エスキュービズム

EC-Orange POS:多店舗に対応のタブレット型POS--売り上げもリアルタイムに集計

タブレット型POSシステムの「EC-Orange POS」は、多店舗経営にも対応。本部で登録した商品マスターを各店舗に一括反映し、店舗ごとで登録する手間を省け、顧客情報も一元管理する。全店の売り上げがオンラインで集計される。

EC-Orange POSのポイント

  • iOSとWindows搭載のタブレットに対応し、操作性、機動性で接客力を向上
  • 多店舗経営に対応。本部で登録した商品マスターを各店舗に一括反映
  • 店舗と本部が離れている場合でもリアルタイムに売り上げを管理できる

EC-Orange POSの製品解説

 エスキュービズムの「EC-Orange POS」は、iOSとWindowsに対応したタブレット型POSシステムだ。タブレットの操作性、機動性で接客力を向上させるだけでなく、さまざまな分析管理機能を備える。

編集部おすすめの関連記事

 商品と在庫の確認、会員の検索、顧客層の選択などの機能を搭載。バーコード読み取り機、キャッシュドロア、クレジットカード読み取り機、レシート印字プリンタと連携でき、必要に応じて機器を組み合わせられる。

 多店舗経営に対応している。例えば、本部で登録した商品マスターを各店舗のPOSに一括反映し、店舗ごとで登録する手間を省ける。商品名や価格などの情報も統一できる。店舗が個別に商品マスターを登録しても、リアルタイムで全店に情報共有される。複数店舗の在庫も一元管理が可能だ。全店共通の顧客データベース作成による顧客情報の一元管理など、多店舗に対応する機能が充実している。

 管理機能については、全店の売り上げがオンラインで集計されるため、店舗と本部が離れている場合でもリアルタイムに売り上げを管理できる。返品、誤打の訂正、廃棄処理といった売り上げにならない在庫移動に対応するなど、在庫処理も容易にしている。

 分析機能も標準で搭載する。ABC分析による在庫調整や重点商品の販売促進、RFM分析、CPM分析による顧客の囲い込み施策など、POSレジの情報を生かしてさまざまな角度から現状分析をすることが可能になっている。

EC-Orange POSのまとめ
用途と機能多店舗経営に対応するタブレット型POSシステム
特徴本部で登録した商品マスターを各店舗に一括反映し、店舗ごとで登録する手間を省けたり、商品名や価格などの情報も統一できたりなどの多店舗経営に対応。全店の売り上げがリアルタイムに集計される
導入企業シュッピン、りらくる、靴専科、など

「販売管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]