開発支援 エクセルソフト

Excelsior JET:Javaアプリをネイティブ化して高速動作--逆コンパイルからも保護

開発ツール「Excelsior JET」は、Javaアプリケーションを実行ファイルに変換して高速化、最適化する。Windows、Linux、macOSに対応する。リバースエンジニアリングから保護する機能も備える。

Excelsior JETのポイント

  • JavaアプリケーションをJREに依存しない実行ファイルに変換して高速化、最適化する
  • Windows、Linux、macOSに対応し、JREに依存しない実行ファイルを配布できる
  • Javaコードをリバースエンジニアリングから保護する機能も備える

Excelsior JETの製品解説

 エクセルソフトの「Excelsior JET」は、Javaアプリケーションをネイティブコードに変換して高速化、最適化する開発ツール。Windows、Linux、macOSに対応する。Java実行環境(JRE)に依存しない実行ファイルを配布できるようになる。Javaコードをリバースエンジニアリングから保護する機能も備えている。

編集部おすすめの関連記事

 日本語を含む10カ国語のアプリケーションインストーラを容易に作成できる。Excelsior JET 11.3では、Windows 10、ARM版Linux、Java SE 8コンパクトプロファイルのサポートが追加された。性能面では、アプリケーションによるメモリ使用量の減少、64ビットアプリケーションのパフォーマンス向上、堅牢性と操作性の改善などが図られている。

 ラインアップはエンタープライズ版とプロフェッショナル版、2016年9月に無償化されたスタンダード版の3種類となっている。スタンダード版は64ビット対応の実行ファイルが生成できない、プロフェッショナル版はマルチプロセッサの性能を引き上げるサーバでの実行環境に対応していないなどの違いがある。

Excelsior JETのまとめ
用途と機能Javaアプリケーションをネイティブコードに変換して高速化、最適化する開発ツール
特徴Windows、Linux、macOSに対応する。JREに依存しない実行ファイルを配布できるようになる。Javaコードをリバースエンジニアリングから保護する機能も備えている
税別価格エンタープライズエディション:Windows版が52万円、Linux版が78万円、macOS版が78万円
プロフェッショナルエディション:Windows版が32万5000円、Linux版が48万7500円、macOS版が48万7500円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]