ECサイト

Cappy:Amazon物販の総合支援ツール--競合を監視して適正価格を自動設定

「Cappy(キャッピー)」は、ECサイト「Amazon」への商品の出品、販売を支援。出品ツール、価格改定ツール、メール配信、在庫と売上管理などのツールをまとめて提供する。

Cappyのポイント

  • ECサイト「Amazon」への商品の出品、販売を支援
  • 出品、価格改定、メール配信、在庫と売上管理などのツールを提供
  • 競合出品者の価格改定を監視して数分以内に適正価格を自動設定

Cappyの製品解説

 Creative Adventure Networkの「Cappy(キャッピー)」は、ECサイト「Amazon」への商品の出品、販売を支援する総合管理ツールだ。出品、価格改定、メール配信、在庫と売上管理など、Amazonでの物販に欠かせないツールをまとめて提供する。

編集部おすすめの関連記事

 Amazonの出品管理ツール(セラーセントラル)にログインせずに出品を完了できる。複数商品のJANコードをスキャンして素早く出品でき、自社での発送とAmazonによる発送(Fulfillment by Amazon:FBA)の両商品を同時に登録することも可能。スマートフォンで撮影した商品写真をアップロードする機能や商品画像付きのラベルを印刷する機能も持つ。商品在庫の減少や賞味期限の期日をメール通知する機能もあり、出品から納品まで幅広くサポートする。

 価格改定ツールも用意されている。競合出品者の価格改定を監視して数分以内に適正価格を自動設定する。商品ページに自分の出品商品が表示される“カート価格”にあわせた価格改定モードを搭載するほか、改定価格の下限を設定して、急な値下がりによる販売を防ぐ機能などを備える。

 在庫と売り上げの管理も可能だ。管理画面では、仕入金額を入力しておけば各注文の利益がすぐに分かるようになっている。納品書の印刷、出荷通知、追跡番号の送信も可能。さらにCSVファイルによるダウンロード、アップロードが可能なので、価格の一括変更や、利益計算も簡単だ。

Cappyのまとめ
用途と機能Amazonへの商品の出品、販売を支援する総合管理ツール
特徴出品、価格改定、メール配信、在庫と売上管理など、Amazonでの物販に欠かせないツールをまとめて提供
価格月額3980円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan