Microsoft マイクロソフト(Dynamics事業統括本部)

MSが明かしたコネクティッドカー戦略--「クラウドが面倒な仕事を引き受ける」

マイクロソフトがコネクティッドカー向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表した。同プラットフォームにより、自動車メーカーが「Cortana」や「Office 365」「Skype for Business」といったマイクロソフトの生産性ツールを車内に搭載することが可能となる。

 Microsoftがコネクティッドカーへの取り組みを強化しつつある。同社は米国時間1月5日、2017年Consumer Electronics Show(CES)にてコネクティッドカー向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表したのだ。Microsoftのブログによると、同プラットフォームは「Microsoft Azure」のクラウド上に構築されており、自動車メーカーがより簡単に「独自のネットワーク接続されたドライブ体験」を創造できるという。

 クラウドがベースとなっていることから、同プラットフォームは自動車メーカーがコネクティッドカーの運転における以下の5つの中核理念に取り組む際の生命体となるシステムといえる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2095文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan