Microsoft マイクロソフト(Dynamics事業統括本部)

MSが明かしたコネクティッドカー戦略--「クラウドが面倒な仕事を引き受ける」

マイクロソフトがコネクティッドカー向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表した。同プラットフォームにより、自動車メーカーが「Cortana」や「Office 365」「Skype for Business」といったマイクロソフトの生産性ツールを車内に搭載することが可能となる。

 Microsoftがコネクティッドカーへの取り組みを強化しつつある。同社は米国時間1月5日、2017年Consumer Electronics Show(CES)にてコネクティッドカー向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表したのだ。Microsoftのブログによると、同プラットフォームは「Microsoft Azure」のクラウド上に構築されており、自動車メーカーがより簡単に「独自のネットワーク接続されたドライブ体験」を創造できるという。

 クラウドがベースとなっていることから、同プラットフォームは自動車メーカーがコネクティッドカーの運転における以下の5つの中核理念に取り組む際の生命体となるシステムといえる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2095文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]