IDC Japan

ドキュメントワークフロー、成熟度は日米で大差ない:IDC調査

ドキュメントワークフローを成熟度で比較すると、日米の企業には大差がない――。IDC Japanの調査で明らかになっている。

 IDC Japanは1月12日、国内ユーザー企業のドキュメントワークフロー成熟度を調査し、分析結果を発表した。

 同社はドキュメントワークフロー成熟度を、個人に依存するステージ1、限定的に導入するステージ2、標準基盤化のステージ3、効果を定量的に管理するステージ4、継続的に革新を進めていくステージ5――に設定している。

 国内のユーザー企業は、ステージ1が33.4%、ステージ2が34.7%、ステージ3が19.7%、ステージ4が9.6%、ステージ5が2.7%となり、国内ユーザー企業の7割がステージ2以下にあることが分かった。この結果は、米での調査結果とほぼ同じで、米国ではステージ2までに属する企業が約65%だった。

 IDCは調査対象の企業について、財務的成果を出している企業とそうでない企業に分け、ドキュメントワークフローの成熟度を比較した。その結果、プロセス、技術、人員、ビジョンの4つの特性のすべてでリーダー企業の方が高い成熟度にあること、そしてモバイルやクラウドなどの“第3のプラットフォーム”を導入している企業が多いことが明らかになった。

 ドキュメントワークフロー成熟度を高めるためには、第3のプラットフォームを前提としたドキュメントワークフロー環境の構築を目指すべきだとしている。

国内ユーザー企業のドキュメントワークフロー成熟度(IDC Japan提供)
国内ユーザー企業のドキュメントワークフロー成熟度(IDC Japan提供)

 2016年11月にドキュメントワークフローに関して知識があり、かつ従業員規模100人以上の企業に勤務する200人のマネージャーに対してウェブアンケートで調査。その結果をプロセス、技術、人員、ビジョンの4つの特性から総合的に評価する独自の手法で分析している。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]