IDC Japan

ドキュメントワークフロー、成熟度は日米で大差ない:IDC調査

ドキュメントワークフローを成熟度で比較すると、日米の企業には大差がない――。IDC Japanの調査で明らかになっている。

 IDC Japanは1月12日、国内ユーザー企業のドキュメントワークフロー成熟度を調査し、分析結果を発表した。

 同社はドキュメントワークフロー成熟度を、個人に依存するステージ1、限定的に導入するステージ2、標準基盤化のステージ3、効果を定量的に管理するステージ4、継続的に革新を進めていくステージ5――に設定している。

 国内のユーザー企業は、ステージ1が33.4%、ステージ2が34.7%、ステージ3が19.7%、ステージ4が9.6%、ステージ5が2.7%となり、国内ユーザー企業の7割がステージ2以下にあることが分かった。この結果は、米での調査結果とほぼ同じで、米国ではステージ2までに属する企業が約65%だった。

 IDCは調査対象の企業について、財務的成果を出している企業とそうでない企業に分け、ドキュメントワークフローの成熟度を比較した。その結果、プロセス、技術、人員、ビジョンの4つの特性のすべてでリーダー企業の方が高い成熟度にあること、そしてモバイルやクラウドなどの“第3のプラットフォーム”を導入している企業が多いことが明らかになった。

 ドキュメントワークフロー成熟度を高めるためには、第3のプラットフォームを前提としたドキュメントワークフロー環境の構築を目指すべきだとしている。

国内ユーザー企業のドキュメントワークフロー成熟度(IDC Japan提供)
国内ユーザー企業のドキュメントワークフロー成熟度(IDC Japan提供)

 2016年11月にドキュメントワークフローに関して知識があり、かつ従業員規模100人以上の企業に勤務する200人のマネージャーに対してウェブアンケートで調査。その結果をプロセス、技術、人員、ビジョンの4つの特性から総合的に評価する独自の手法で分析している。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan