エムオーテックス

営業担当者に貸与のWindowsタブレットで不要なアプリの注意喚起体制構築

戸建住宅吹付断熱材を提供する日本アクアは100人以上の営業担当者に貸与しているWindowsタブレット「Surface」の管理ツールに「LanScope An」を採用。不要なソフトウェアをインストールしている利用者に注意喚起できるようになっている。

 日本アクアは100人以上の営業担当者に貸与しているWindowsタブレット「Surface」の管理ツールとして「LanScope An」を採用した。エムオーテックスが1月12日に発表した。

 LanScope Anは、Micrsoft Azureをベースにしたスマートデバイス管理ツール。管理対象のスマートデバイスにアプリをインストールすることで、端末のさまざまな情報を自動収集し管理する。通常のモバイル端末管理(MDM)機能に加え、アプリの稼働情報や位置情報、操作ログを取得でき、スマートデバイスの活用状況も見える化する。

 日本アクアは、戸建住宅吹付断熱材の国内シェアナンバーワンのメーカーで、2015年は3万6000棟以上を施工した。同社は、LanScope Anについて、位置情報を取得する機能がSurfaceに対応していたこと、資産管理やメッセージ、アンケートなどの機能を実装していたこと、導入時の作業工数が少なく、スムーズに展開できることなどを評価した。

 導入後の効果として、未稼働端末の再配置が可能となり、端末購入のコスト削減が実現できたこと、管理コンソールから利用者情報を簡単に変更できるため、端末管理の工数を削減できたことなどを挙げている。ソフトウェアのインストール状況も確認できるため、不要なソフトウェアをインストールしている利用者に注意喚起できる体制を構築できたとしている。

LanScope Anでの資産情報一覧画面(エムオーテックス提供)
LanScope Anでの資産情報一覧画面(エムオーテックス提供)
LanScope Anでのインストールアプリ一覧画面(エムオーテックス提供)
LanScope Anでのインストールアプリ一覧画面(エムオーテックス提供)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan