エムオーテックス

営業担当者に貸与のWindowsタブレットで不要なアプリの注意喚起体制構築

戸建住宅吹付断熱材を提供する日本アクアは100人以上の営業担当者に貸与しているWindowsタブレット「Surface」の管理ツールに「LanScope An」を採用。不要なソフトウェアをインストールしている利用者に注意喚起できるようになっている。

 日本アクアは100人以上の営業担当者に貸与しているWindowsタブレット「Surface」の管理ツールとして「LanScope An」を採用した。エムオーテックスが1月12日に発表した。

 LanScope Anは、Micrsoft Azureをベースにしたスマートデバイス管理ツール。管理対象のスマートデバイスにアプリをインストールすることで、端末のさまざまな情報を自動収集し管理する。通常のモバイル端末管理(MDM)機能に加え、アプリの稼働情報や位置情報、操作ログを取得でき、スマートデバイスの活用状況も見える化する。

 日本アクアは、戸建住宅吹付断熱材の国内シェアナンバーワンのメーカーで、2015年は3万6000棟以上を施工した。同社は、LanScope Anについて、位置情報を取得する機能がSurfaceに対応していたこと、資産管理やメッセージ、アンケートなどの機能を実装していたこと、導入時の作業工数が少なく、スムーズに展開できることなどを評価した。

 導入後の効果として、未稼働端末の再配置が可能となり、端末購入のコスト削減が実現できたこと、管理コンソールから利用者情報を簡単に変更できるため、端末管理の工数を削減できたことなどを挙げている。ソフトウェアのインストール状況も確認できるため、不要なソフトウェアをインストールしている利用者に注意喚起できる体制を構築できたとしている。

LanScope Anでの資産情報一覧画面(エムオーテックス提供)
LanScope Anでの資産情報一覧画面(エムオーテックス提供)
LanScope Anでのインストールアプリ一覧画面(エムオーテックス提供)
LanScope Anでのインストールアプリ一覧画面(エムオーテックス提供)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]