セキュリティ

サイバー攻撃、2017年の傾向--2016年は身代金目的が49%の企業を標的

Radwareの調査によると、サイバー攻撃を実行する最大の動機は身代金であり、IT専門家はデータ喪失をもっとも問題視していた。ここでは、知っておくべきことを紹介する。

 Radwareの調査レポート「Global Application and Network Security Report 2016-2017」によると、2016年において、企業の半数近くが身代金目的のサイバー攻撃で標的にされたそうだ。

 同レポートによると、IT専門家がサイバー攻撃に関してもっとも問題視していることは、データ喪失であるという。技術リーダーの27%がデータ喪失を最大の心配事として挙げている。これに続く懸念事項は、サービス停止(19%)、評判の悪化(16%)、顧客またはパートナーの喪失(9%)だった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1743文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan