クラウド クラウドサービス セキュリティ

「iCloud Keychain」入門--アップルのクラウド技術でパスワード管理を容易に

アップルのパスワードマネージャ「iCloud Keychain」は、ウェブサイトのパスワードだけでなく、さまざまな認証情報を安全に保存することができる。対応する「Mac」と「iOS」デバイスで、パスワードの管理や入力が格段に容易になる。

 「Mac」向けと「iOS」向けのパスワード管理ソフトウェアは数多く提供されているが、Apple製OSに組み込まれた「iCloud Keychain」に並ぶほどのものはない。iCloud Keychainは「iOS 7」で導入された技術だ。Macには「Mac OS 8.6」で初めてKeychainが搭載された。

 Keychain(Appleのエコシステムではこう呼ばれることが多い)はAppleのパスワードマネージャだが、他にも多くの機能を備えており、ウェブサイトのパスワードを扱うだけのものでもない。「macOS」内のさまざまな場所のパスワード(FTPサーバ、SSHアカウント、ワイヤレスネットワークのパスワード、暗号化ディスクのパスワード)を保存するほか、各種サービスへのアクセスやAppleの開発者プログラムのアプリ署名に使われる秘密鍵も保存する。また、証明書や秘密メモ、さらには「Safari」のフォーム自動入力機能に保存されたクレジットカード情報も処理する。Keychainはこれらすべての情報を保存しながら、データベースに格納された情報のセキュリティを確保する。

 サードパーティーのアプリもKeychainに情報を保存することができる。これこそKeychainが真価を発揮する機能だ。セキュリティの知識があまりない開発者でも、AppleのKeychainのAPIを使うことで、ユーザーのプライバシーを保護することができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3109文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan