クラウド クラウドサービス

グーグルが強化する暗号化への取り組み--「Google Cloud Platform」に新たなKMS

グーグルは米国時間1月11日、「Cloud Key Management Service(KMS)」と呼ばれる新たな暗号化ツールを「Google Cloud Platform」に追加することを発表した。

 Googleは米国時間1月11日、「Cloud Key Management Service(KMS)」と呼ばれる新たな暗号化ツールを「Google Cloud Platform」に追加することを発表した。一部市場向けにベータ版として提供される。KMSは、暗号化キー管理をより簡単かつスケーラブルにできるようにするためのサービスで、これにより、金融やヘルスケア業界の企業を「Google Cloud」の活用に向けて誘導できる可能性がある。

 プレスリリースによると、同サービスは「クラウドベースの信頼のルート(root of trust)を提供するもので、ユーザーによる監視や検査が可能」だという。一時的なキー管理ソリューションやカスタムビルドされたソリューションと比べ、維持が簡単だとGoogleは述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1202文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan