CRM システムリサーチ

WArm+:独自システムをマウスで構築できるCRM--利用者ごとに管理画面を作成

CRMシステムの「WArm+」は、企業ごとに独自のシステムをドラッグ&ドロップなどで容易に構築できる。経営者や管理者、オペレーターなど利用者ごとに項目を選んで管理画面を作成できる。

WArm+のポイント

  • ブラウザベースでPCやスマートフォン、タブレットなどから利用できる
  • 独自の顧客管理システムをドラッグ&ドロップなどで容易に構築できる
  • 利用者ごとの管理画面を作成、CTIでコールセンターにも対応

WArm+の製品解説

 システムリサーチの「WArm+」は、PCやスマートフォン、タブレットなどから利用できるブラウザベースの顧客関係管理(CRM)システムだ。モバイルや拠点間での情報共有を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 設定済みの項目をドラッグ&ドロップでレイアウトできるなど、自社独自の顧客管理システムを容易に構築できる。また、経営者、管理者、オペレーターなど利用者ごとに項目を選んで管理画面を作成可能だ。

 基本データには、さまざまな関連データをひも付けられる。例えば、顧客の基本情報に対して、購入履歴やコールセンター応対履歴、商品台帳、キャンペーン情報、FAQ、媒体、担当者台帳などの情報を連携可能である。

 コンピュータ電話統合(Computer Telephony Integration:CTI)の機能をオプション追加することでコールセンターシステムを容易に構築できる。

WArm+のまとめ
用途と機能PCやスマートフォン、タブレットなどから利用できるブラウザベースのCRMシステム
特徴モバイルや拠点間での情報共有を支援。設定済みの項目をドラッグ&ドロップでレイアウトできるなど、自社独自の顧客管理システムを容易に構築できる。CTI機能を組み合わせてコールセンターシステムを容易に構築できる
税別価格オンプレミス版:本体価格が98万円、アカウントライセンス価格が1IDあたり4万5000円
クラウド版:初期費用は無料、月額費用が1IDあたり3000円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  3. 調査結果--働き方改革:「お隣の企業」はどこまで進めている?着手の度合い、課題をレポート
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. コストの因数分解できてる?ウェブアプリのデプロイにかかるTCOを利用シナリオ別に徹底比較!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan