SSO NTTテクノクロス ソリトンシステムズ ネットアイキュー 富士通ソフトウェアテクノロジーズ

利用者の利便性とシステムのセキュリティを強化するSSO 4選

シングルサインオン(SSO)は、ログイン情報の使い分けが不要になるため、利用者の負担が軽くなる。また、各システムへの認証情報が隠蔽(いんぺい)されるため、セキュリティを強化できる。

 1つのIDとパスワードで複数のシステムにアクセスできるようにする認証システムがシングルサインオン(SSO)だ。ログイン情報の使い分けが不要になるため、利用者の負担が軽くなるとともに、各システムへの認証情報が隠蔽(いんぺい)されるため、セキュリティを強化できる。

 ログイン情報の管理性や既存システムとの親和性、導入や運用負荷などを考慮して、どの製品を選ぶか検討するべきだろう。アクセス権限などを細かく設定する場合は、管理コンソールの使いやすさもポイントとなる。

1.AuthONE

 富士通ソフトウェアテクノロジーズの「AuthONE」は、サーバ1台で導入するアドオン型のSSOシステムだ。既存の業務サーバに変更を加えることなく導入できる。クライアント端末へのアプリケーションのインストールも不要だ。

 SSOの導入時には、業務サーバのIDを全て統合する必要があるが、既存システムへの影響が大きくなり、導入期間が長期化する。AuthONEは、業務サーバのIDやパスワードを変更せず、「代表ID」を利用できる。代表IDで運用を開始し、段階的にIDを統一していける。

 CSVファイルを介して人事情報と連携可能なため、人事異動時のユーザー情報の修正作業を自動化できる。所属や役職、IDをキーワードとして、利用できる業務サーバへのアクセスを制御することも可能だ。

 1サーバごと1万円のメディアキットが必要で、300ユーザーまで利用できるライセンスが280万円。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1084文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan